2007年06月01日

ラストスパート。

トレードをお願いして、ようやっと白黒がコンプしました。

最後に揃ったのはリヴァプールの『スティーブ・フィナン』とPSGの『パウレタ』

特別な方たちでも無いようですが、出にくいカードセットだったのでしょうか。

今はプレイ用の2セット目を集めようとしています。
残りは、12枚。
053、131、152、176、208、221、230、286、300、313、317、333

ま、時期バージョンまでには何とかなると思うんですけどね。


同時にLEをヤフオクで買い漁っています。
1000円くらいなら、ちょっとプレイを控えれば良いわけですから。

・・・などと思って、ラーション、シアラー、ギグス、スコールズ、コク など立て続けに落札出来てしまったら一気に金欠度数がヒートアップ。

コスタクルタは前に買いましたし、ベルカンプとフィーゴは自力で引いたので、残るはカーン、マルディーニ。

ちょっとマルディーニは高めで面倒なのですが、ここで油断をすると一気に高騰してしまうので来月には、必ず・・



以前、ジダンが5000円くらいで出品されていた時に「次期バージョンでレアルが入ってくれば、ジダンも出るだろう」と予想していたところ、レアルは何時まで経っても参加せず、ジダンは引退してしまったので幻のカードになってしまったという苦い経験があります。

その時にバレージとウェアはそれぞれ5000円くらいで落札することは出来たのですが、今となってはこれも手が出にくい代物になっています。


クリンスマンの時は、前回バージョンでATLEが使い難い時に、一時4000円くらいまで下落していたので、いつか余裕のある時に・・・と、すっかり忘れていたら、こちらも8000〜1万くらいにまで高騰していました。


かと思いきや、カズのように最初から6000円くらいで未だに変わらないものもあれば、エルゲラのように急降下しているものもあります。

「投資目的でMVPなら問題ないだろー」と思ってもロニーのようにMVP乱立で前バージョンの価値が急落したり、シェバのように逆に価値が上がったりと素人が手を出すには危険なところもあります。


結局、『好きな選手は無理しても排出されているうちに手に入れる』というのが経験に基づく結論です。


今バージョンは運良くMVPは引けたので(それ以来、引きがパッタリとなくなりましたが)あまり無理をしないで集める事が出来そうです。


個人的には、今シーズンで引退したコスタクルタが使いやすいと思うんですけどね。
posted by さつま at 03:32| Comment(0) | WCCFプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。