2006年03月04日

イングランドマスコミ事情。

アシュリー・コール、ゲイ疑惑に過剰反応 - livedoor:日刊スポーツ
 イングランド代表DFアシュリー・コールが「ゲイ疑惑」に怒り、サンとニュース・オブ・ザ・ワールドの2紙を名誉棄損で訴える手続きを申請した。2月に「プレミアシップでバイセクシャル」と、ホモパーティー写真を掲載。人物は特定できない代物だったがチャットルームに「あれはアシュリー・コールだ」の声が殺到。アイドル歌手の彼女がいるコールはこれに激怒し「新聞は何ら規制せず遠回しなプライバシー侵害であり、名誉棄損だ」と過剰に反応した。

イングランドって同性愛者の結婚を認めたんですよね?

ゲイが社会的に認知されているのであるならば、別に忌み嫌う必要も無い訳で、名誉毀損という手段は行き過ぎのような気も致しますが・・

いずれにしても彼の国のマスコミはスポーツ選手を潰したいようですね。(監督含め)

最近の話題では
「ジョー・コールが素っ裸で逃げ出した」
「C・ロナウドのレイプ疑惑」
代表監督の件やベッカムの事など・・

そういえば、ダイアナさんもマスコミにやられた口でしたっけ?


誰が、紳士淑女の国と言ったのだか。
posted by さつま at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。