2006年05月31日

デコ出ました。

deco.jpg

・・・二ヶ月ぶりですよ。

もうキラは入っていないのかと思いました。もうやだ〜(悲しい顔)

今日は2クレ投入の一発目で出ました。

待たせた割には・・ねぇ〜(笑)


新しいバージョンを発表したのですから、
もうちょっと封入率を上げてくれると嬉しいのですけど・・バッド(下向き矢印)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05キラの日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22-23。セリエA-優勝、5連覇

車(セダン)
とうとう中島(エディット選手)から引退の話が出ました。
060531sakatuku_01.jpg

度々得点王を獲ってスタジアム完成まで頑張ってくれた選手でした。

近年は出場機会が減ってしまいましたが、大一番にベテランらしいプレーで危機を救ってくれたこともありました。

これでアンリをスタメンに上げられます。ありがとう。


mail to
ブラジルに送っていたスカウトから久しぶりに有望ユース発掘の知らせが入りました。
DFのルイゾンです。
060531sakatuku_02.jpg

060531sakatuku_03.jpg

ユースに入れたのは良いのですが、何かの手違いで解雇してしまったようです。
ホームシックだったのでしょうか、残念ですね。


TV
イタリアプライムカップ決勝戦。
相手はロベルト・バッジョ率いるウディネーゼ。

前後半でスコアレス。バッジョは後半終了間際に交代してしまいました。
これで怖いものはありません。

・・・ところが、延長戦も後半までスコアレス。
このままPK戦か?と思っていたらラストチャンスのCKにタッキナルディが値千金の勝ち越しゴール。わーい(嬉しい顔)

試合はそのまま終了。プライムカップ連覇です。
060531sakatuku_04.jpg

060531sakatuku_05.jpg

分配金は5億5000万円。
ヨーロピアンリーグのスポットスポンサーは1試合で10億ポンって出しましたけれどね(笑)

3冠に向けて、まずは1冠獲得しました。
060531sakatuku_06.jpg


猫
我がままサポーターから「早く決めろ」コールです。
まだ4月ですよ?
060531sakatuku_07.jpg

2位のライバル、FCアレッサンドリアと勝点10差だったので、ここで勝つと残り3試合での逆転は不可能だったらしく(3位は2位から更に10差)文字通り白熱したダービーになりました。(白熱したのは私だけですが)

前半はスコアレスで折り返し。

ハーフタイムで調子の上がらないジード、ミクーを下げ(ジードは頼れるキッカーなので下げる事は珍しいのです)シアラー、ドザシッチの2トップ、4-4-2にシステムを変更。

これが采配的中。
僅か5分の間にドザシッチのアシストでシアラーがハットトリック。
060531sakatuku_08.jpg

見事優勝を決めました。
これでリーグ戦は5連覇です。
060531sakatuku_09.jpg

分配金は27億5000万円
これで2冠。残すはヨーロピアンリーグのみです。

・・・と思いきや、スポンサーとの契約違反で51億3000万円のペナルティです(笑)
060531sakatuku_10.jpg

26勝1敗11分 勝率6割8分
 
あと1試合勝てれば7割突破で目標達成だったのですが・・・
そうそう良い事ばかり続きませんね。


病院
選手の不満チェックをしていたらジョン・テリーのコメントが「神の領域へ到達している選手」となっていました。
060531sakatuku_11.jpg

そんな領域があるのですか・・・
試合では微塵も見せなかったのですが・・・
若干24歳で神と呼ばれているとはビックリです。

ちなみに『神』よりも高給取りが8人も居ます。
年棒2億2000万円で働いてくれる『神』に感謝です。るんるん


サッカー
ヨーロピアンリーグ決勝戦。相手はポルトです。
開始3分で失点し落胆させるも終わってみれば4-1の圧勝。

ヨーロピアンリーグ連覇、3冠も連覇です。
060531sakatuku_13.jpg


ビール
なかなか点が取れず、勝ちきれない試合も多かったですが、終わってみれば1敗しかしていませんでした。
(忘れもしない対ユベントス戦)
060531sakatuku_14.jpg

【ACアレッサンドリア年表】
06-07。セリエB-6位
   (プレイオフ優勝)
07-08。セリエA-10位
08-09。セリエA-8位
   (アジア・オセアニアクラブカップ優勝)
09-10。セリエA-7位
10-11。セリエA-3位(世界ランク204位)
11-12。セリエA-10位(世界ランク174位)
12-13。セリエA-4位(世界ランク153位)
13-14。セリエA-11位(世界ランク146位)
14-15。セリエA-9位(世界ランク129位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
15-16。セリエA-3位(世界ランク116位)
16-17。セリエA-4位(世界ランク57位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)
17-18。セリエA-2位(世界ランク44位)
   (ヨーロピアンスーパーカップ優勝)
18-19。セリエA-優勝(世界ランク20位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)
19-20。セリエA-優勝(世界ランク13位)
20-21。セリエA-優勝(世界ランク8位)
21-22。セリエA-優勝(世界ランク1位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)
22-23。セリエA-優勝(世界ランク1位)
   (ヨーロピアンスーパーカップ優勝)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)

勿論、世界クラブランクも1位です。

「順位に変動ありませんね」と残念なニュアンスでメールが来ましたが、これ以上が無いという事を認識してほしいものです。バッド(下向き矢印)

残すはヨーロピアンスーパーカップ。
相手はバルセロナを下した・・・確かPアテネとか言うクラブだったはずです。
こちらとしては「よくやってくれた。ありがとう」という気分です。
これも連覇、いかせていただきます。わーい(嬉しい顔)


カメラ
気が付いたら有望ユース選手が居ました。危ない危ない。
060531sakatuku_15.jpg

060531sakatuku_16.jpg

そして寂しく引退会見です。お疲れ様でした。
060531sakatuku_17.jpg

新しいエディット選手は【バレージ】
実名の選手で名前を付ければその選手が出てくると同僚に教わったので、早速試しました。
リーダーシップは有るけど、お金にうるさいそうです。

ま、1000億突破しましたから問題ないですね(笑)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

久々、1stチーム始動。

新チーム監督に就任。

例によって全白で組んでみたくなりました。
一応1stチームになります。(つまり当初から使っている監督カード)

名称:アダダガツキデツハートたち(複数ハート)


・・・また例によって外してしまった感じです。ふらふら
センスの無い自分にがっかりです。バッド(下向き矢印)

登録選手
GK
デ・サンクティス

DF
アンドラーデ
ユリアーノ(02-03)
アレックス
マテラッツィ(01-02)
シルベストル(EU)
デ・ヨング
トゥドール(02-03)
レグロッターリエ

MF
アッピア(02-03)
シャビ・アロンソ

FW
ディ・バイオ(EU)
カステレン
ヤンカー
グジョンセン


基本的に3-5-2。
守備的MFは全員DFです。

とりあえず10クレの感想。
意外とヤンカーの使い勝手が良い。
意外とグジョンセンの使い勝手が悪い。
連携は期待しない(考えていない)
ユリアーノ、アンドラーデ以外はリベロのスキルがあるのか、どんどん前に行ってしまいます。

30戦くらいまではじっくりと鍛えることにしましょうか。モバQ
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

順風満帆

カメラ
スカウトがリストを作成していますが、コーチもユースも優秀な人物を見つけられません。
スカウトを変えようと思ったりしているのですが、なかなかお眼鏡に適う人物が出てきません。

そんなこんなで、人の入れ替えは全く行えず、ひたすら試合だけをこなしている感じです。


銀行
クラブの資金が1000億を超えました。
実際のクラブならば超優良経営クラブということになります。

ここまで来ると・・・
選手は登録人数が決まっているので増やせないですし、
スタジアムは拡張する気配は無いですし、(MAXということなのでしょうか)
クラブハウスや敷地の拡張の話も無いですし、
海外拠点はアフリカ以外を全てレベル4のMAXまで投資してもそれ以上何も起こりませんし、お金の使いどころがありません。

いっそのこと、来期はチケット代を1000円くらいにして還元してみましょうか。猫


位置情報
ヨーロピアンリーグ。
グループリーグを全勝の首位で突破です。
昨年の覇者として、今年も優勝を目指して一致団結しています。

・・未だにフォーメーションで四苦八苦しているのは内緒ですが。ふらふら


サッカー
プライムカップ準々決勝、パレルモ戦。
3−1で勝利。
この試合でキーマンであるジェラードが骨折。全治3ヶ月の重症です。病院


遊園地
プライムカップ準決勝、ASローマ戦。
スコアレスでPK戦に突入。
余程の事が無い限りは外さない選手が揃っているので順当に勝ち上がり。

ちなみに
デュキャナン、バステン、シアラー、デュジャルダン、テリー、ブッフォン、クラドウド・・・
相手が4人目で外したのでテリーで決着が付きました。


mail to
最近はレンタル移籍のお願いメールがよく届きます。
しかも対戦直後の相手から届くことも多々あります。
ベルギーに好かれた鈴木みたいな感じでしょうか。その選手の長所は戦った者が一番感じるということですね。

しかし、レンタル移籍枠5人を常時使い切っている当クラブは毎回お断りメールを送らなければなりません。

別に10人位レンタルさせても構わないんですけれどね〜。
・・といいますか、登録選手をもっと増やしてほしいです。


晴れ
今年はバステンが穏やかです。
文句の一つの言わずにクラブの中核として役目を果たしているかのように見えます。
(考えすぎですけれど)

個人的には、『早く引退しないかなー』と待ちわびているのですけれどね(笑)

まだ引退に至るまでクラブに所属していた選手が居ないので、どうなるのか楽しみです。るんるん
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

初の4冠達成。

銀行
メインスポンサーをオガロンテレフォンにお願いしました。
契約条件は「契約期間中に毎年、国内リーグ戦における年間勝率70%以上」
・・・ま、多分大丈夫だと思います。 けど・・


新幹線
TV局との契約違反は承知でキャンプ3連戦です。
・・というか、ツアーなんてやる気は全くありません。

今回は欧州で軽く鍛える事にしました。
イングランド:マンチェスター(戦術重視)
フランス:リヨン(連携重視)
イタリア:ミラノ(攻撃重視)

いずれもまずまずの成果を挙げたようです。手(グー)


mail to
キャンプから帰ったら即レンタル移籍の手続きです。

チアゴ フランス:セダン
調子が悪く馴染めません。
実力を出しきれず毎日がいっぱいいっぱいです。

トレゼゲ イングランド:レスター
不安を感じながらなんとかやってます
実力に合わない気がしますが気合いで毎日乗り切ってます

ニステルローイ オランダ:FCオムニワールド
馴染んできました。実力に合ってます。

リトマネン フランス:ランス
元気にやってます。実力ぴったりのクラブです。

アンリ イングランド:ハイバリー
早い段階で馴染んで実力出しきれてます。

チアゴ(19)とトレゼゲ(20)は年齢が若いからなのでしょうか。
概ね良好な内容なので、成長して帰ってくることを期待します。


モバQ
代理人が宿敵FCアレッサンドリアからGKカメニを紹介してきました。
060528sakatuku_01.jpg

060528sakatuku_02.jpg

昨期ファインセーブ連発されていた記憶があり即契約。
むざむざお金を渡すのはしゃくでしたが、メガクラブにとって移籍金21億なんて安いものですよ。
・・と強がってみる事にします。

契約後にライバルクラブの選手を確認。目

今シーズン背番号1のトルドが28歳。
他の2人は33と34歳。キーマンを奪えたようです。ナイス代理人

と言うか、EU外6人いるじゃないですか!むかっ(怒り)

しかもEU無しでもカメルーンとかいますし・・
(うち1名は今回移籍でうちに来ましたけれど)

・・金か? お金ですか?!バッド(下向き矢印)


足
2022−2023 ACアレッサンドリア登録選手一覧
監督
ミクレス(58) オランダ

GK
ブッフォン(24) イタリア
▼カリファ・クレメール(21) フランス
カメニ(20) カメルーン

DF
アダムスカ(31) イングランド
ジョン・テリー(24) イングランド
ガリー・ネビル(24) イングランド
リオ・ファーディナンド(23) イングランド
テュラム(23) フランス
メクセス(22) フランス

DMF
クラドウド(28) ブラジル
デュジャルダン(25) フランス
タッキナルディ(22) イタリア
●チアゴ(19) ポルトガル

OMF
デュキャナン(29) フランス
ジェラード(25) イングランド
ミクー(25) フランス
ジード(23) ブラジル
●ヤリ・リトマネン(19) フィンランド

FW
○中島秀雄(31) 日本
バステン(31) オランダ
ドザシッチ(28) ブラジル
シアラー(26) イングランド
●アンリ(22) フランス
●トレゼゲ(21) フランス
●ファン・ニステルローイ(19) オランダ

●=レンタル移籍中 ○=エディット選手
▼=放出リスト掲載

ユースには
FW スールシャール(18) ノルウェー
が控えています。

ですが、守備陣に最低もう一人若手がほしいところです。
左SBのバックアッパーも不足しています。

FWが人員過多になってきました。
おいぼれ(失礼)は引退しないのでしょうか・・・
特にわがままバステン君。
「年棒が・・」「ブッフォンが・・」「デュジャルダンが・・」
我がまま言っているのはアナタだけですからー!


映画
ヨーロピアンスーパーカップ。対ハンブルク。
またドイツ勢と決勝です。
(ヨーロピアンリーグはバイエルンでした。)

現実世界ではイタリア、ドイツ勢は芳しくないですね。

試合は前後半スコアレスで延長突入。

バステン、デュキャナンを入れデュジャルダンを仕方なくトップ下に。
(交代は監督任せなもので・・・予期しない選手が予期しないポジションに着くことが度々)

結果的にこの3人が絡んで爆発。2−0で優勝しました。
060528sakatuku_03.jpg

分配金11億。良い出だしです。

昨年から続くと完全制覇の4冠と言う事になりますか。手(チョキ)


リーグ戦は引分けが多いので、スポンサー契約が既に危なくなってきました。
(国内リーグ、勝率7割)

違約金は別に構わないですが、5連覇の夢が・・・ふらふら
posted by さつま at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

21-22。セリエA-優勝

モバQ
プライムカップ決勝。ライバルクラブとの決戦です。
昨年はタイトルを獲らせてあげてしまったので、連覇させるわけにはなりません。手(グー)

後半にシアラーが決めて勝負アリ!
・・・と思ったところロスタイムのCKで追いつかれて、まさかの延長戦。がく〜(落胆した顔)

嫌な予感が漂いつつも途中投入のデュキャナンがジェラードのクロスに反応してゴール。サッカー

今度は追撃を許さず、そのままタイムアップ。演劇
060527sakatuku_01.jpg

宿敵FCアレッサンドリアを征して優勝。連覇を阻止しました。手(チョキ)
060527sakatuku_02.jpg

分配金5億5000万円
お金より名誉といった感じですね。


遊園地
ヨーロピアンリーグの準決勝も宿敵FCアレッサンドリア

ホームでは3-4-3のウィングを採用した攻撃的な新システムをテストしていたところ、逆に決定力に欠き0−0のスコアレスドロー。
(なんで大事な一戦にそんな事をしている?という話もありますが)

アウェイでは結果の出ている4−5−1で対応。手(グー)

先制され追い付くという後手に回る試合展開の中、今期限りで放出の決まったエーデルが前半終了間際にレッドで退場。exclamation

例によって4−5−0のポゼッションサッカーを展開。

2−2で終了間際のCKから途中出場のテュラムがヘッドで押し込んで、辛うじて勝利。

これでダービー4連戦は3勝1分でした。
(リーグ戦も2-1で勝利しています)

いずれも大事な戦いばかりだったので、取りこぼしが無くて助かりました。わーい(嬉しい顔)


モータースポーツ
リーグ戦は第36節(残り2試合)の過去最速で優勝決定。
060527sakatuku_03.jpg

060527sakatuku_04.jpg

勝点も去ることながら得点力が爆発的でリーグ記録を大幅に塗り替えました。(75→82)
知らないうちに連続無失点記録も更新していたようです。
060527sakatuku_05.jpg

これで連勝記録さえ塗り替えれば完璧。
・・・なのですが、これが意外と難しく、10、11連勝くらいはするのですけれど、どうしても引き分けにもつれ込む事があるのです。

欧州カップ戦が間に入るのでシーズン中は国内リーグの連勝など判らなくなりますから、あまり気にしない事にしていますけれど。
・・あ、全部勝ち続ければ良いのですね(笑)

得点爆発はジードトップ下の4−5−1が上手く機能していると言うことでしょうか。
今シーズンは先制されても逆転する事が多かったです。

これで国内リーグ戦4連覇です。遊園地
060527sakatuku_06.jpg

得点王はシアラー(20得点)
2位はバステン(15得点)
シードも6位(12点)にランクイン。

アシスト王はバステン(10アシスト)
ジェラードが9アシストで4位です。

これだけ活躍しながらも評価点でのランクには入らないのは途中交代が多いからでしょうか。

結局ユベントスのバウアーがMVPになりました。
良いDF(マルディーニとか)がMVPと獲ることが多いですね。
分配金27億5000万円


ビール
ヨーロピアンリーグ決勝。対バイエルン戦。

前半先制されるも、後半にミクーとポジションを代えたジードが巧みなドリブルで左サイドを駆け上がり絶妙なクロス。
これをシアラーが決めて同点。

後半直後のPKをブッフォンが神セーブ。わーい(嬉しい顔)

そして終了間際に途中投入のバステンが左サイドを切り裂きクロス。
エースシアラーが決めて優勝を手にしました。
060527sakatuku_07.jpg

060527sakatuku_08.jpg


ヨーロピアンリーグは2年ぶり、3度目の戴冠です。
060527sakatuku_09.jpg

分配金33億


今期は、これで3冠達成です。
060527sakatuku_10.jpg

シーズン通して敗れたのが1回という脅威の成績です。
勝率およそ8割。

我ながら凄いですね。
とは言っても、最近は選手の補強も無いので、ただ週を進めているだけですけれど(苦笑)

来期は左SBが帰ってくるので、もう少しDFが強固になるはずです。
・・なってほしいです。ふらふら

シアラーは欧州得点王にもなりました。(25得点)
だけど、人気があるという話を聞いたことがありません。

・・・あの髪型が原因でしょうか。もうやだ〜(悲しい顔)


とうとう世界クラブランキング1位になりました。

【ACアレッサンドリア年表】
06-07。セリエB-6位
   (プレイオフ優勝)
07-08。セリエA-10位
08-09。セリエA-8位
   (アジア・オセアニアクラブカップ優勝)
09-10。セリエA-7位
10-11。セリエA-3位(世界ランク204位)
11-12。セリエA-10位(世界ランク174位)
12-13。セリエA-4位(世界ランク153位)
13-14。セリエA-11位(世界ランク146位)
14-15。セリエA-9位(世界ランク129位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
15-16。セリエA-3位(世界ランク116位)
16-17。セリエA-4位(世界ランク57位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)
17-18。セリエA-2位(世界ランク44位)
   (ヨーロピアンスーパーカップ優勝)
18-19。セリエA-優勝(世界ランク20位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)
19-20。セリエA-優勝(世界ランク13位)
20-21。セリエA-優勝(世界ランク8位)
21-22。セリエA-優勝(世界ランク1位)
   (イタリアプライムカップ優勝)
   (ヨーロピアンリーグ優勝)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

首位決戦。

演劇
ユベントスとの首位決戦。
例によって、前半でジェラードが一発レッドで退場。
仕方なく4−5−1の1トップを抜いて応戦。
(サイド攻撃で残る2人が飛び出す。・・・最近コレばっかり)

アンリの鮮やかなクロスにジードが合わせて先制。
再三攻められるもリーグを代表する堅守で守りきり、首位攻防を征しました。


バースデー
ミクレスが当年57歳。
同じ程の才能を見せるフィリップが残念な事に56歳。
次の世代を任せられる監督候補を探していましたところ、ようやっと任せられそうな人を発掘。
メニリティ 45歳 出身アルゼンチン。
060526sakatuku_01.jpg

組織的なサッカーをするみたいなので上手く引き継ぎが出来ると思います。
060526sakatuku_02.jpg


病院
クラドウドが試合でファウルを受け負傷。
捻挫で全治2週間と診断されましたが『低周波療法』で即復帰。
この指導が出来るフィジカルコーチは雇用をお勧めします。
『リハビリ』でも早く復帰出来ました。
こちらは重症用でしょうか。

こういう事は、アノ分厚い攻略本には詳しく書いてあるのでしょうか?
今更、要らないですけれどね。

一応、今回のモットーは『攻略本(&サイト)を参考にしない』
事実、判らないながらも白熱した(と思っている)戦いを演じているので満足です。

データが揃う事でつまらなくなる事が多いですからね。ふらふら


猫
ライバルクラブにボロンという優秀な選手がいます。
コメントの内容とクロアチア国籍からボバンと予想。

他にゼ・ロベルトやベッカムなどの豪華な中盤。
カメニ(カメルーン)、 メーヤー(ドイツ)、トルド(イタリア)と、起用法を心配してしまうような豪華なGK陣。

知らないうちに、我がクラブが放出していたマテラッツィも加わっています。
唯一の救いはFWにゾリの後釜が居ないくらいですか。

実は今期はライバルチームも好調なようで、イタリアプライムカップとヨーロピアンリーグでも勝ち進んでいます。
プライムカップは決勝戦で、ヨーロピアンリーグは準決勝で(ホーム&アウェイ)対戦します。

気が付くと4月〜5月までにリーグ戦も含めて4連戦になる訳です。
今から嫌になります。バッド(下向き矢印)




ある月の月間ベストイレブン。
・・・5-5-0ですか?
060526sakatuku_03.jpg
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

プライムカップ準決勝。

晴れ
国内リーグは現在2位。
冬の王者には成り損ねた様子。
・・とはいえ勝点1差で首位ユベントスを猛追中。
例によって3位以下は勝点10以上の差が開いているので、余程の事が無い限りは順位を落とすことは無さそうです。


位置情報
イタリアプライムカップ
準決勝の相手は首位ユベントス。
90分間では両者共に点が入らず延長戦に突入。

延長前半にエース、シアラーが得点を決め引き離すも延長後半に追いつかれてPK戦に突入です。

キッカー5人でも決着が付かず6人目。
守護神ブッフォンがスーパーセーブでゴールを守り、勝負アリ。爆弾
060525sakatuku_01.JPG

白熱の試合は我がACアレッサンドリアに軍配が上がりました。
060525sakatuku_02.JPG


サッカー
決勝戦は宿敵FCアレッサンドリア。演劇

ちなみに現在のダービーの戦績は13勝12敗。
最近の戦績ではACアレッサンドリア有利ですが、FCアレッサンドリアはセットプレーから一発を決めるベッカム、強固なDFラインを統率するマルディーニが居ます。

ここで負けるとFCアレッサンドリアのカップ戦2連覇です。
それだけは阻止しないとなりません。ちっ(怒った顔)

みんな、オラに力を〜!モバQ
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ndチーム、KCC、NSC制覇。

サテライトに着いたら丁度キングスクラブカップ(KCC)が始まりました。

勝てる気がしなかったので、嫌なタイミングで始めてしまったなー。と思ったのですが、後悔しても仕方がありません。

とりあえず、初戦の相手は横浜マーリンズ。
ラッキーです。

・・・などと思っていたら、不甲斐ない守備のおかげで2-2。
PK戦になるも何とか準決勝進出。

準決勝はグラスコーブルー。
PCが勝ち上がってくるかと思ったのですが、同じくPK戦で敗退していた様子。
とりあえずラッキーです。

ここは何とか2-1で勝ち上がり、決勝進出。

決勝は、明らかに歴戦の勇者のようなチーム(PC)との対戦。

救われたのは最近見受けるキラ黒ーんのようなチームではなく、普通のU5。

・・とは言え、定番のアンリは居たり何かと手ごわいのですが、絶好調のロナウド&アマラウに助けられ、想定外の2-1で勝利。位置情報


自分が一番驚いてしまいましたよ。がく〜(落胆した顔)


連日の快勝劇に驚いたままナショナルスーパーカップ(NSC)に進出。

相手はアフリカンイーグル。
ウェア、ドログバ、エトー。
オリセー、ヴェスト、トゥーレ。褐色の弾丸。半端無いです。ダッシュ(走り出すさま)

開始早々の絶好調ロナウドが先制。
追加点も決めて、これまた想定外の勝利です。
060525_NSC01.JPG

060525_NSC02.JPG

30戦程度で立て続けにタイトルを獲れるとは思っていませんでした。

俄然やる気が出てきました。グッド(上向き矢印)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

ブラジル、控え室での一コマ。

いやー、ブラジルには勝てないと思わされましたヨ。

理由ですか?

続きを読む
posted by さつま at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2ndチーム、EPC優勝。

ポゼッションの悪さから、選手の大幅な入れ替えを断行。
U5RからU5に変更しました。

GK
ジダ(02-03白)

DF
R・ジュニオール
アレックス
ビリカ
ベレッチ
クリバーリ
アウダイール(01-02)

MF
アスンソン
モザルト
リマ(01-02)
アマラウ

FW
ロナウド(BS)
リヴァウド(IS)
アドリアーノ(WSK)
カカ(WSK)
ロナウジーニョ(EU黒)


特筆すべきはアマラウ。

すぐにスタミナが切れてしまいますが、文字通りワイドな動きでボールホルダーに向かっていきます。
ハッキリ言って惚れました(笑)

アウダイールも数値以上の強さを見せてくれます。

モザルトは微妙に期待ハズレです。今後の成長に期待。手(グー)


これで
『絶大な攻撃陣、貧相な守備陣』

ああ、ありそうなセレソン出来上がりです。


ところが、予想外の快進撃で決勝の対人戦も制して(2-1)初のタイトルを手に入れました。演劇




直後のFCバルセロナ戦で0-4の完敗。

夢から醒めましたケ・ド・ネ。モバQ
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェット機ってグッズですか?

mail to
レンタル移籍に出ている選手から近況がメールで届きました。

ドザシッチ イングランド:チェルシー
実力にピッタリのクラブ。これからもうまくやっていけると思うよ。

メクセス オランダ:スパルタ・ロッテルダム
実力にピッタリのクラブ。これからもうまくやっていけると思うよ。

タッキナルディ イングランド:ウエストハム
他の選手と馴染んできました。実力と合っているようです。

トレゼゲ イングランド:レスター
他のメンバーとも馴染めて実力を出し切っています。

チアゴ スペイン:ムルシア
馴染めません。周りのレベルについていくのがやっとです。

なんとなく4勝1敗といった感じです。


飛行機
なんとロゴ入り飛行機が作れるようになりました。
『ピカちゅうジェット』みたいなものでしょうか。
生産コスト10億。売り上げ金額50億。
060524sakatuku_01.jpg

こんなもの、売れる?
売れなければ10億捨てるようなものではないですか・・・
あ、あの悪徳詐欺コーチのコーチ料が10億でしたっけ。
結構、ドブに捨てていますね(苦笑) とりあえず制作することにします。
060524sakatuku_02.jpg

・・当月完売ですよ!
普通に考えて、ユベントスジェット機とか、インテルジェット機とか売れると思えませんけどね〜。

あ、選手が買っていったとか!


モバQ
使い勝手の良いドザシッチをレンタルに出しているとか、左SBの人材が居ないとか、微妙な問題があるせいでしょうか、勝っているのですけれど圧勝とはいかないようで、1位と2位の間を微妙に動いています。

今シーズンは連携を磨く&アンリを鍛える。4−5−1を試す。ということで無理をしないようにします。

順位を落とさないと出場出来ないカップ戦があるのですけれど・・・
無理に出る必要もないですし・・・
今から、そんなことを言っていると言い訳みたいですし(苦笑)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

マリオ1up

セレーゾ氏の広島監督就任決定的:nikkansportscom
広島の次期監督に元鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ氏(51)の就任が決定的となった。4月に小野監督が辞任後、監督候補にリストアップ。続けてきた交渉が大筋で合意に達したことが22日、明らかになった。
 セレーゾ氏は4月にブラジル・グアラニの監督を辞任し、Jリーグ復帰を熱望。「広島からアプローチがあった」と接触した事実を認めている。ブラジル国内の代理人によると広島はセレーゾ氏に対し、1年契約に換算した場合の年俸50万ドル(約5750万円)を提示。セレーゾ側は70万ドル(8050万円)を要求し交渉は難航していたが、細部でインセンティブ(出来高)契約を結ぶことでほぼ合意に達した。契約期間等はこれから詰める。

【記事抜粋】

この間、涙のお別れをしたばっかりなのに・・・

鹿島で流した涙はいったい何だったんだ?

戻ってくるのが早いよー、スーパーマリオ!
posted by さつま at 13:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の戦い。

W杯は統一チームで出場 セルビア・モンテネグロ:スポーツナビ
 セルビア・モンテネグロのモンテネグロ共和国で実施された独立を問う住民投票で独立派の勝利が確実な情勢になったことに関し、セルビア・モンテネグロ・サッカー協会のカラジッチ会長は22日、ドイツで6月に開幕するワールドカップ(W杯)には現在の統一チームで参加することを確認した。
 ベオグラードからの報道によると、同会長は「同じ旗の下で練習をした翌朝には国家がなくなっていた」と記者団に冗談を飛ばしたが、「投票結果はドイツ行きには影響しない」と強調した。
 しかし、同国のサッカー関係者は、今年秋の欧州選手権からはセルビアがセルビア・モンテネグロの正統後継国家チームとして残り、モンテネグロは別の新チームとして出場するとの見通しを示した。


残すところあと一ヶ月を切った中、民族分断(独立)を知らされた選手たちの気持ちは如何なものでしょうか。

ショックに打ちひしがれる惨敗するのか、最後のチームで有終の美を飾るのか。


死のグループと言われたC組(アルゼンチン、オランダ、コートジボワール)
鍵を握っているのはセルビア・モンテネグロだと思います。
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | └ 2006W杯関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠陥品?

中田システムに欠陥、パス6本つながれた:nikkansportscom
ボランチ中田英システムに「穴」が見えた。日本代表MF中田英寿(29=ボルトン)が守備の不安を露呈した。福島・Jヴィレッジでの国内最終合宿6日目の22日、初めての練習試合で地元の湯本高と対戦。主力組の前半45分は7−0だったが、中田英が攻め上がった後のスペースが突かれ、高校生にパス6本をつながれてシュートを許した。強豪相手のW杯本大会では一瞬のスキが失点に直結する。中田英を含めたボランチとDFラインのバランス修正に、課題が見つかった。
 真剣な表情が、危機感を物語っていた。前半終了のホイッスルが鳴ると、MF中田英が身ぶり手ぶりで自分の意見をぶつけた。MF福西、DF宮本、中沢の4人で即席会議。「(プレスは)話をしていくしかないですね」。中田英が解決すべき問題点を認めた。
 ぽっかりと空いたスペースを高校生に狙われた。前半35分、中田英が攻め上がった裏のスペースを突かれた。トップ下の中村が必死で相手のドリブルに追いすがる。6本のパスをつながれてボールは左から右へ。最後は中央からミドルシュートを打たれた。大きく枠を外れたが、相手が初戦のオーストラリアなら背筋が凍ってもおかしくないシーン。DF宮本も「レベルの高い相手とやる本番では誰がいくのか徹底しないと危険」と気を引き締めた。

【記事抜粋】

あ、やっぱりね。

いつまでも「攻撃が好きだから」でやっていられるボランチではないでしょうに。
日本は個人技よりも組織で何とかするスタイルなんだから、疲れているのでしょうけれど頑張ってね。


ちなみに、私は中田のマスコミに対する態度が嫌いです。

嫌なら会見するな。
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ├ 日本代表関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20-21。セリエA-優勝

サッカー
2020-2021シーズンが終了しました。
セリエA 優勝
分配金27億5000万円
イタリアプライムカップ ベスト4
分配金1億6500万円
ヨーロピアンリーグ 1回戦敗退
060523sakatuku_01.jpg

2021-2022シーズンの世界クラブランキングは8位です。
とうとう一桁になりました。

【ACアレッサンドリア年表】
06-07。セリエB-6位(プレイオフ優勝)
07-08。セリエA-10位
08-09。セリエA-8位
(アジア・オセアニアクラブカップ優勝)
09-10。セリエA-7位
10-11。セリエA-3位(世界ランク204位)
11-12。セリエA-10位(世界ランク174位)
12-13。セリエA-4位(世界ランク153位)
13-14。セリエA-11位(世界ランク146位)
14-15。セリエA-9位(世界ランク129位)
(イタリアプライムカップ優勝)
15-16。セリエA-3位(世界ランク116位)
16-17。セリエA-4位(世界ランク57位)
(イタリアプライムカップ優勝)
(ヨーロピアンリーグ優勝)
17-18。セリエA-2位(世界ランク44位)
(ヨーロピアンスーパーカップ優勝)
18-19。セリエA-優勝(世界ランク20位)
(イタリアプライムカップ優勝)
(ヨーロピアンリーグ優勝)
19-20。セリエA-優勝(世界ランク13位)
20-21。セリエA-優勝(世界ランク8位)


位置情報
シアラーが得点王になりました。
2位にはバステン、9位にジェラードも居ます。
昨シーズンはシアラーをスタメン固定していたのですが、今年は出場試合数に文句を言うバステンが居たので均等にローテーションを組んだはず。
2枚看板として良い働きをしてくれているようです。
060523sakatuku_02.jpg

ちなみにシアラーは欧州得点王も獲得です。
ここでもバステンが3位に入っています。
060523sakatuku_03.jpg


失恋
秘書が一身上の都合で辞職です。
風貌に慣れてくると決まって辞めていきます。
060523sakatuku_04.jpg

次は元モデルさんを採用。これで4人全員雇ったことになりました。


飛行機
スポンサーの『ユースダートラベル』様のお陰でアメリカのハワイがキャンプ地として使用できる事になりました。

ハワイキャンプですよ。何だか巨人みたいですね(笑)リゾート

【ハワイ】
太平洋のハワイ諸島にあるアメリカ合衆国の州。
観光地として有名。
同市のクラブはフィジカル面の強さを重視している。
支出★
成長★★★★★
疲労★★
費用8662万5000円

なんとなく良い感じを受けます。
ちょっと優勝記念ついでに行って来る事にしましょう。

例年だと疲労の面からヨーロッパ内でキャンプをこなすのですが、今年は普段と異なるところから物色してみます。

【ヨハネスブルク】
南アフリカ共和国の鉱業都市であり、経済の中心地。
パワフルな攻撃サッカーで名を馳せるクラブが多い。
支出★★
成長★★★★
疲労★
費用7700万円

【マンチェスター】
イングランド北西部の工業都市。
学生人口の多さでも知られる。
組織プレイやテクニックを重視したクラブが多い。
支出★★★
成長★★★★
疲労★
費用1億4437万5000円

結局、希望に沿うところが見つからなかったのでマンチェスターでシティとマンUを相手にしてきます。

【ハワイ】フィジカル:成果なし
【ヨハネスブルク】攻撃:まずまず
【マンチェスター】組織:まずまず
【戦績】 6戦6勝 まだまだ行けそうですヨ。手(チョキ)


猫
今期の指定レンタル移籍選手
チアゴ     スペイン:ムルシア
トレゼゲ    イングランド:レスター
タッキナルディ イングランド:ウエストハム
メクセス    オランダ:スパルタ・ロッテルダム
ドザシッチ   イングランド:チェルシー

タッキナルディとドザシッチは主戦場をプレミアに移しました。
是非とも多く試合に出場して成長してきてほしいものです。足


爆弾
クラドウドが優勝をきっかけに能力爆発です。むかっ(怒り)
昨期は出場機会が減っていたので、これでスタメン定着してほしいものです。


exclamation×2
ユースの期待選手が18歳になりました。
リトマネンとニステルローイ。
最悪でもこの二人は確保したいので、あまり試合に使わなかった選手を移籍リストに載せました。mail to

すると8月中に以下の選手の交渉がまとまりました。ATM

マッカローネ ユベントス(ITA)12億3000万円
パヌッチ ミドルスブラ(ENG)5億8000万円

新天地でもほどほどに頑張ってほしいものです。無料

気前良く放出していたら、ある問題に気が付きました。

『左SBの得意な選手が居なくなってしまった!』・・・(苦笑)

仕方ないのでテュラムに頑張ってもらうことにします。
メクセス、レンタルに出すのを待つべきでした。がく〜(落胆した顔)


イベント
バステンの為に過去3度懇親会を開き、ブッフォンとの不仲解消に努めていた訳ですが(バステンが一方的に嫌っている感あり)今度はデュジャルダンとの不仲を口にし始めました。ちっ(怒った顔)

彼ももう30歳。いい加減大人になってほしいものです。バッド(下向き矢印)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

黄金時代到来。

位置情報
イタリアプライムカップ準決勝。
対FCアレッサンドリア戦。
両者決め手に欠き、延長でも決着付かずにPK戦に突入。
我がACアレッサンドリアの二番手ドザシッチがフカしてしまい、結果PK4-5で惜しくも敗退。
一番負けてはならない相手に嫌なところで負けてしまいました。

結局、そのまま優勝してしまい初のタイトルを獲得。
わざわざ優勝の報告メールがエストデーラ代表から届きました。

ドコモ提供
この人・・・・

我がクラブが連勝すれば
「勝ては良いってモノではない」とメールをし、

我がクラブが首位にいれば
「ライバルクラブとしてせいぜい頑張ってくれ」とメールをし、

我がクラブが補強をすれば、
いちいち記者会見を開いて補強をし、

何かにつけて比較対象してくれますが、
宣伝してくれているのか、
友達になりたいのか、
単に負けず嫌いなのか判りません。

秘書は「イヤミな人ですねー」と怒っていますが、言われなくても負けませんし、何と言っても・・・

あっちは、未だタイトルが一つのみ。
(今回のプライムカップが初タイトル)


こっちはヨーロピアンリーグも優勝したビッグクラブですよ。るんるん
スタジアムだって雲泥の差だし・・

彼も注目される為に必死だなー。と最近では生暖かい目で見ています。目

イタリアプライムカップ ベスト4
分配金1億6500万円。


パンチ
準決勝の借りはリーグ戦(ダービー)で返却。
3-0の圧勝。
そのうちの1点は相手のオウンゴール(笑)
もう1点はタッチラインを割ったと思ったらいきなりゴールのアナウンス。
・・これが噂のバグっていう奴ですか。
相手にやられたらコントローラ粉砕ものですが、ここは全てジードの魔法の足が成せる技という事にしておきます。

この試合で4−5−1のトップ下を置く布陣をテストしてみました。
1トップですが、厚みのある攻撃でオプションで使えそうな手ごたえでした。


飛行機
ヨーロピアンリーグ第一戦はバレンシア。
ホーム。守備の要のアダムスカが負傷中で欠場。
結果1−2で落とし、アウェー戦で雪辱を誓う。もうやだ〜(悲しい顔)

アウェー。今度は攻撃の要のシアラーを負傷で欠く。
更に追い討ちをかけるようにジェラードが一発レッドで前半に退場。
シュートチャンスにも恵まれないまま、あと1点に届かず、1−1で敗退。もうやだ〜(悲しい顔)

運の無いときはどうしようも無いものです。バッド(下向き矢印)

これで今年も国内リーグ戦一本に絞ることになりました。手(グー)


電話
期待のユースコメントも無かったのですが、コメント付きの選手が引っかかった様子。
微妙ですし、トップにも上げられない感じです。
060522sakatuku_01.jpg

060522sakatuku_02.jpg

残念ですが、飼い殺し決定ですね。たらーっ(汗)


mail to
ミクーのレンタル先から20億8000万円で完全移籍のオファーが来ました。

今期、フランスリーグで31試合出場。ゴール13、アシスト7、評価点は6.04だそうです。

正直、今のチームでは居場所が無いと思うので承諾しても良かったのですが、エーデルの代わりとして(この人も出番激減ですけど)使えそうなので今回は保留。
・・といいますか、ノーマークだったので市場価値が判りません。


モバQモバQモバQ
今年はインテルと首位争い。
直接対決では3−1と退けるも、その後思うように勝点が上がらず結局最終節までもつれ込みました。

実際は直前の第37節でASローマに勝てば優勝が決まったのですが残念ながら1−1の引分け。
ホーム最終戦で優勝することが出来ませんでした。

そのときの勝点は・・・

第37節終了時点
ACアレッサンドリア 勝点84 得失点差53
インテル・ミラノ  勝点81 得失点差36

確かに最終節に我がクラブが負けてインテルが勝てば勝点は並びますけど、トップリーグで17点差は埋まらないでしょう(笑)

結局、最終戦はACミランを2−0で下しての優勝。わーい(嬉しい顔)
060522sakatuku_03.jpg

060522sakatuku_04.jpg

これで3連覇達成です。
060522sakatuku_05.jpg

おまけに1シーズン最多得点のリーグ記録も更新したようです。
(今まではACミランの74点。奇しくもミランから奪った2点で記録更新になった訳です)
060522sakatuku_06.jpg

分配金は27億5000万円でした。
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

次期バージョンについて妄想

次期バージョンは05-06と言っていますが、あまり順位どおりの選出ではなさそう。
それもこれもレアルがいけないのでしょうけれど・・

■イタリア
ユベントス、ミラン、インテル、ウディネーゼ、ローマ

実際の順位
05-06
1 ユベントス
2 ミラン
3 インテル
4 フィオレンティーナ
5 ローマ

04-05
1 ユベントス
2 ミラン
3 インテル
4 ウディネーゼ
5 サンプドリア

どうしてもトッティを入れたかったのでしょうか。
個人的には抜け殻ウディネよりも躍進ヴィオラの方が良かったのですが・・



■イングランド
チェルシー、アーセナル、マンチェスターUtd、リバプール、ニューカッスル

実際の順位
05-06
1 チェルシー
2 マンチェスターUtd
3 リバプール
4 アーセナル
5 トットナム
(7 ニューカッスル)

04-05
1 チェルシー
2 アーセナル
3 マンチェスターUtd
4 エバートン
5 リバプール
(14 ニューカッスル)

やはり、シアラーの為だけに入れたとしか思えません。



■スペイン
バルセロナ、ヴィジャレアル、ベティス、ヴァレンシア

実際の順位
05-06
1 バルセロナ
2 レアル・マドリード
3 バレンシア
4 オサスナ
5 セビリア

04-05
1 バルセロナ
2 レアル・マドリード
3 ヴィジャレアル
4 ベティス
5 エスパニョール

ベティスを加えるところに苦しさが滲み出ていますね。



■オランダ
PSVアイントフォーフェン、アヤックス、フェイエノールト

実際の順位
05-06
1 PSV
2 AZ
3 フェイエノールト
4 アヤックス
5 フローニンゲン

04-05
1 PSV
2 アヤックス
3 AZ
4 フェイエノールト
5 ヘーレンフェーン

小野も居なくなったし、正直なところエールディビジに魅力は無いでしょう。



■ドイツ
バイエルンミュンヘン

実際の順位
05-06
1 バイエルンミュンヘン
2 ブレーメン
3 ハンブルガーSV
4 シャルケ
5 レバークーゼン

04-05
1 バイエルンミュンヘン
2 シャルケ
3 ブレーメン
4 ヘルタ
5 シュツットガルト

ブレーメンは入れてほしかったですね。オランダ止めてドイツにするとか。



■フランス
リヨン、マルセイユ、パリサンジェルマン

実際の順位
05-06
1 リヨン
2 ボルドー
3 リール
4 ランス
5 マルセイユ

04-05
1 リヨン
2 リール
3 ASモナコ
4 レンヌ
5 マルセイユ

CLを見るとリーグ1は面白いですね。これで雑誌の付録に松井が・・・



結局、開発期間の問題もあるのでしょうが、実際の順位とは関係なく色々な思惑の上にクラブが選ばれているように見受けられます。

とりあえず、
高原、大久保、松井、平山の雑誌付録化。
更に言えばATLEとしての奥寺康彦のカード化。
(LE戸田はキツイですか・・)
などありうるかもしれませんね。
posted by さつま at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

また補強。そしてユース

ATM
DFスティーブ・ベネット(30)
パレルモより完全移籍のオファーあり。10億5000万円で放出。

・・よりによってビエリの居るパレルモか。などと思いましたが、放出しても戦力的に大幅なダウンが無いと思われたので放出しました。


車(RV)
とうとうFW中島が出場機会の少なさからレンタル移籍を志願。
・・・と言いますか、こちらもその気だったので翌週には手配。

今年の指定レンタル移籍選手
アンリ スペイン:レアル・ベティス
「あまり馴染めません。レベルについていくのがやっとです。」バッド(下向き矢印)

トレゼゲ イングランド:レスター
「調子が悪く馴染めません。実力を出し切れず毎日がいっぱいいっぱいです。」バッド(下向き矢印)

中島 ドイツ:ブレーメン
「実力にピッタリのクラブ。うまくやっていけると思います。」グッド(上向き矢印)

タッキナルディ イングランド:ウエストハム
「環境に馴染めて実力を出し切っています。もっともっと活躍出来ると思います。」グッド(上向き矢印)

ミクー フランス:トゥールーズ
「不安を感じながら何とかやっています。実力に合わない気がするけど気合で頑張っています。」バッド(下向き矢印)

基本的にポリシーがマッチしてポジションと戦術がマッチするクラブに出しているつもりなのですが(FWなら攻撃的とか2トップとか、DMFならダブルボランチで出場機会の多そうなところとか)8月ですとリーグランクは見れないし、トップリーグか二部リーグか判らないことも多いので(今回はレスター除いて全てトップリーグでした)実力との兼ね合いを見極めるのが難しいです。

クラブの選択には選手を鍛えるというよりは出場機会を与える意味合いが強いです。


mail to
フランス:リヨンから30億+トレード(ブリュノ・エンゴティ(25)約6億)でメクセス(20)を獲得。
5年契約で1億1000万円。
060519sakatuku_01.jpg

060519sakatuku_02.jpg

移籍リストにASローマがチアゴ(17)を出していたので早速交渉。
13億5000万円で獲得。5年6800万円で契約。
チアゴは転生前に苦戦した思いがあるので良い買い物でした。
060519sakatuku_03.jpg

060519sakatuku_04.jpg

これで、主力=25 時期主力=20 で大体の戦力が整ったはずです。


2020−2021 ACアレッサンドリア登録選手一覧
監督
ミクレス(56) オランダ

GK
ブッフォン(22) イタリア
カリファ・クレメール(19) フランス

DF
アダムスカ(29) イングランド
クリスティアン・パヌッチ(25) イタリア
ジョン・テリー(22) イングランド
ガリー・ネビル(22) イングランド
リオ・ファーディナンド(21) イングランド
テュラム(21) フランス
メクセス(20) フランス

DMF
▼アレッサンドロ・マッカローネ(26) イタリア
クラドウド(26) ブラジル
デュジャルダン(23) フランス
●タッキナルディ(20) イタリア
チアゴ(17) ポルトガル

OMF
アクセル・エーデル(27) ドイツ
デュキャナン(27) フランス
ジェラード(23) イングランド
●ミクー(23) フランス
ジード(21) ブラジル

FW
○●中島秀雄(29) 日本
バステン(29) オランダ
ドザシッチ(26) ブラジル
シアラー(24) イングランド
●アンリ(20) フランス
●トレゼゲ(19) フランス

●=レンタル移籍中 ○=エディット選手
▼=放出リスト掲載

意図せずフランス化進行中。
よく考えたら、引退するまでチームに在籍した選手が居ません。
どのくらいで引退宣言するのでしょう。


サッカー
メクセス、加入直後のセリエA開幕カリアリ戦。
いきなりアシスト。期待大です。


ビール
シアラー、今年も得点王狙っています。
8月2試合で5得点の固め撃ち。早速月間得点王&MVPを受賞しています。

新聞もシアラーの記事ばっかりです。
060519sakatuku_05.jpg

060519sakatuku_06.jpg


モバQ
ある程度連携が固まってきたのか、ゴール前の攻撃に凄みが出てきました。
2トップのシアラー、バステン。OMFのジェラード、デュキャナンで得点を分け合う可能性も出てきました。
また、FWは3人と手薄になりましたが、その分ある程度出場機会が見込めるようになり選手の不満も解消されたようです。
昨年、散々ブッフォンに対しての不仲を爆発させていたバステンが全く文句を言わなくなりました。

ドザシッチはスーパーサブ的に使って当たっています。
ミクーの代わりにクラブに残したジードが恐ろしいことになっています。
パス、FKの精度が群を抜いています。
060519sakatuku_07.jpg

もうちょっとフィジカルが強ければミクーの放出リスト入りは間違いないです。
特にCKはジードが居るのと居ないのでは大違い。
フル出場出来るスタミナを見に付けてほしいものです。


雨
人手不足のFWに怪我が無いように・・・と思っていたら、MFのデュキャナンがクラブ初の重症で戦線離脱です。
なんと骨折で全治3ヶ月だそうです。
060519sakatuku_10.jpg

唯一の救いは、まだシーズンが始まった当初でヨーロピアンリーグも含めて何とか戦える見通しが立っていることでしょうか。
スタミナの少ないジードと交代で出場していた為、代役としてエーデルの出番が増えそうです。

いずれにしてもダントツのリーグ首位。
これから上位のクラブとの対戦次第ですが、今年も優勝、3連覇を目指します。


バス
スカウトがまた有望新人と連れてきました。
スール・シャールです。
060519sakatuku_08.jpg

060519sakatuku_09.jpg

今のところは入り込む余地がないのですが、何とかなるでしょうか。
どうせならトレゼゲを獲得する前に・・・
現実に即して怪我の多い選手だったら嫌ですけどね。



優秀監督もリストアップされました。
060519sakatuku_11.jpg

ミクレスが居なかったら採用だったのでしょうけれどね・・・


そんなミクレス監督にジュニア誕生。
ジュニアと言ったら千原ジュニアが真っ先に浮かぶのは脳内回路が異常なのでしょうか。
060519sakatuku_12.jpg

子供が大きくなるまで我がクラブの監督を続けていてくださいな。
posted by さつま at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サカつくEUプレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

1stチーム、任期終了。

名前を付け間違えたFCリオリオジョカトー(呼称:エ)の任期が終了しました。

普段あまり使われていないマイナー全白、EU縛りで選手を選んでいたのですが、でしたが意外と健闘しました。

そんなにSPカードを買い漁らなくても、そこそこ勝てますよ。
模様版なんかわざわざ使うことは無いですよー。

・・・ま、圧勝とはいきませんけどね(監督の問題もあり)

最終戦績:70勝20敗27分
最終獲得賞金:148億2500万円
060519_jyokato_01.jpg

060519_jyokato_02.jpg

やる気の無さに比例しなくて良かったです。

次回は全黒(これまた両極端な)で頑張ってみようかと画策中。
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。