2005年11月30日

セカンドチーム、初タイトル(PSC)

セカンドチームがPRE-SEASON CUP(PSC)を制覇致しました。わーい(嬉しい顔)

トップチームの繋ぎとして、主にフレンドリーマッチ(FM)しかやっていなかったのですが、レギュラーリーグDIV2でも、ようやっと優勝して昇格出来ました。

中盤での連携、奪取の甘さやDF陣の脆さなど色々と気になるところはあるのですが、レコバを中心とした攻撃陣の破壊力が素晴らしく、『ビエリが戦術』という言葉を改めて噛み締めています。

また、同じチーム(カードの所属チームが同一)のせいなのか、現実で同じチーム(過去に在籍していたとか)の選手でパラメータの高い選手で固めるよりも連携が良いです。

チーム名:ホワイトネラッズーロ(U5)
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗10┛11┃□┃
┃□┗━━━━━┛□┃
┃09□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┣━07━━━━━08━┫
┃■■■■06■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□┃
┃□02━03━04━05□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
01 トルド(02-03 IT)
02 ファバッリNEW
03 マテラッティ(AE)
04 カンナヴァロ(02-03 IT)
05 シミッチ(01-02)
06 ザネッティ(02-03 IT)
07 ココ
08 オカン
09 レコバ(01-02 FA)
10 ビエリ(02-03 IT)
11 ロナウド(01-02 BS)
━━━━━━━━━━━━
12 カロン
13 ダルマ(02-03)
14 コンセイソン(02-03)
15 カンビアッソ
16 ヴィヴァス

あまり戦術にマッチしなかったグレシコは退団して、変わりにヴァバッリをスカウト。
別に店舗大会に出る訳でもないので、ザネッティとマテラッティをキラに変更。
コンセイソンを黒にすると、年棒が高すぎると警告がかかるので中止。
一応、白カードも持って歩いているので、状況に応じて交代も可能です。

最近はロナウドのご機嫌が悪いのでダルマをトップ下に置いて4−3−1−2で挑むことが多いです。
敢えて、特筆すべき点を挙げるとするならば、一試合に5点を叩き出すようなレコバ−ビエリの連携でしょうか。

マルティンスを使っていた時よりも格段に精度が上がりました。


そんなこんなで気づいたら、公式戦12連勝していました。
過去、せいぜい7勝くらいしか続いたことがないので驚きです。


トップチームがもうすぐ終了なので良い具合に遊べそうなチームになりました。猫
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

本日三冠日。

本日は、何となく普段行かないお店に出張です。バス

丁度CONTINENTAL CUP(CC)が始まるところだったのですが、11月25日にめでたくタイトルを獲った為、出場権が無く、今回はセカンドチームでFM(フレンドリーマッチ)です。

サテライトには私を含めて3人だけ。
夜間夜&禁煙禁煙のお店だったので大人のお友達は敬遠している様子です。
私は今年の2月からタバコを止めたので逆にこういうお店は都合良いです。

その私を除いた二人でCCの決勝を行い、めでたく勝者が決まったようです。

さ、て、先日グランデビアンコネロに敗れたCONTINENTAL SUPER CUP(CSC)を再戦です。手(グー)


相手は今、勝利したばかりのCCとENTERPRISE CUP(EPC)の二冠。
戦績も30戦弱。
(これならいけるかな・・・・?!)
と安堵したのも束の間。戦力比較では30対70の超ピンチ状態。

「ぬぉ!」どんっ(衝撃)

私のチームでもU5ですから、大部分がキラ&キラということになります。
30戦程度で二冠(RLのタイトルは無し)だと丁度財政危機でモチベーションが下がっている頃。

案の定、ほとんどの選手が青い顔をして(絶不調でないだけマシ)ピッチに立っていました。
猫

右サイドで張っているネスタも普段のキレとは程遠い様で、ロッベンにあっさりと抜かれます。
結局、3-0でCSCを制覇することが出来ました。わーい(嬉しい顔)


何か好調なので、このまま鬼門とされるTITLE HOLDER'S CUP(THC)に突入です。
危なげなく3-0、4-0で勝ち上がると決勝の相手は先ほどの方です。
試合はウェアの1点とEMVPのシェバの1点で苦手なPK戦です。
4巡目のシセが止められると相手も外してサドンデス突入。
7巡目のブッフォンが決めると相手は外して辛勝。

何とかTHCのタイトルを獲得することが出来ました。わーい(嬉しい顔)

こうなると、頑張ってINTERNATIONAL CLUB CHAMPIONSHIP(ICC)も獲りたいという欲が出てきました。

ちなみに先ほどの方の参戦です。三度目の正直という感じなのでしょうか。
何となく弱腰になってしまうのは私の悪い癖です。バッド(下向き矢印)


ICCはCPUも強敵揃いなので予選リーグを突破しないでほしいなー。とか思っていたら、トップ通過です。


こちらもジャッロロッソローマ、PSV、ミランと立て続けに撃破してトップ通過。
勝負は決勝に持越しです。


さて、ココまで負け無しで来ました。手(チョキ)
前回は戦術が決まらないと嘆いて終わりました。
今回は前線が好調なせいもありますが、ある程度固定したメンバーで戦っております。

チーム名:FCリオリオパンプキン(U5)
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗□┛□11□┃
┃□┗━━━━━┛□┃
┃09□□□10□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┣━06━━07━━08━┫
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□┃
┃□02━03━04━05□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
01 ブッフォン(02-03 IT)
02 シルベストル(EC 白)
03 アンドラーデ
04 バレージ(02-03 ATLE)
05 トゥーレ
06 デ・ロッシ(EC 白)
07 ミハイロビッチ(02-03 白)
08 レグロッターリエ
09 ロッベン(EC WSA)
10 ウェア(02-03 ATLE)
11 シセ
━━━━━━━━━━━━
12 ミッコリ
13 シャビ・アロンソ
14 ジャンニケッダ(02-03 白)
15 ビエラ(EC WCN)
16 ベレッチ

改善点
アンドラーデをレギュラーに抜擢。素早い寄せと奪取で好プレー続出。
ミハイロビッチをレジスタに固定。ビエラは守備固めで後半投入あり。
デ・ロッシをサイドに、シルベストルはDFで。これが鬼神の如く攻撃の目を摘み取る。デ・ロッシ万歳。
ウェアは若干下げて中盤のポゼッションを上げる。

後半の基本形は
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗□┛□11□┃
┃□┗━━━━━┛□┃
┃10□□□□□□□□┃
┃■■■■09■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┣━06━━━━━08━┫
┃■■■■07■■■■┃

ミハイロビッチを引き気味にし(時にはビエラと交代)シャビ・アロンソをトップ下に。
ロッベンの交代は通常はミッコリ。パワー系ならウェアがサイドに展開。

結果、ベレッチとジャンニケッダはベンチウォーマー。
ベレッチはまだ使う機会もあるのですけど、ジャンニケッダは現時点では不要。
これというのもデ・ロッシが素晴らしい活躍をして欠かせない存在になってしまった為。
(そもそもはシャビ・アロンソと交代でトップ下のつもりだったので)

次回はより攻撃的なアッピアかウィングの交代要員(FWとして)を発掘することになりそうです。


さて、決勝です。
相変わらず、ネスタは調子が悪いようで寄せが甘いです。
逆にマルディーニが鬼の形相で迫ってきます。

さすがに3戦目ですし、前回辛勝でしたのでその反省を踏まえて今回は4-3-1-2の後半ポゼッション型で最初から迎え撃ちます。
結果、相手のFWに全く仕事をさせずウェアのハットトリックの3-0でICCを制覇です。手(チョキ)

20051129_ICC1.jpg

本日はICC、THC、CSCと珍しく3冠も取ることが出来ました。
しかも無敗。残り15戦程度ですが残すはENTERPRISE CUP(EPC)のみ。
全冠制覇も夢では無くなりました。るんるん


・・あ〜、途中で投げ出さなければ、もっと楽にスケジュールが立てられたのに(苦笑)

20051129_ICC2.jpg
続きを読む
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

セカンドチーム大改造。

10月13日に結成以来、大して記事にもしていないセカンドチーム。
細々とやっているのですが、30戦こなしても未だにDIV2。
そもそも契約更新時はDIV1の監督として迎え入れられていたはずなのに、DIV2に落ちてから這い上がれない体たらく。ちっ(怒った顔)

以前の全白チームがベースなのでそんなに酷くは無いとは思うのですけど、やはり勝てないとモチベーションが下がるのも事実。
名前に『ホワイト』を付けているのですが、今回は大胆な入れ替えでU5にしました。
(簡単に言いますとギブアップという事ですね)end

チーム名:ホワイトネラッズーロ(U5)
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗10┛11┃□┃
┃□┗━━━━━┛□┃
┃09□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┣━07━━━━━08━┫
┃■■■■06■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□┃
┃□02━03━04━05□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
01 トルド(02-03 IT)NEW
02 ヴィヴァス
03 マテラッティ(01-02 白)
04 カンナヴァロ(02-03 IT)NEW
05 シミッチ(01-02)
06 カンビアッソ
07 ココNEW
08 オカン
09 レコバ(01-02 FA)NEW
10 ビエリ(02-03 IT)NEW
11 ロナウド(01-02 BS)NEW
━━━━━━━━━━━━
12 カロン
13 ダルマ(02-03)
14 コンセイソン(02-03)NEW
15 ザネッティ(01-02)NEW
16 グレシコNEW

結成までの流れ。
以前に書いた通り、カードの所属クラブがインテルのカードのみに制限しました。
従って、シミッチは数値の低い01-02のカードに変更です。
トップチームでウェアの連携の悪さに閉口しているのでLE&ATLEは除外しました。
最後までベルゴミを加えるか迷いましたが(白で使えるDFが少なすぎる為)ATLEであることを理由に断念しました。
キラ、プラシーボ説(さつま談)により数値の低いFAレコバを敢えて使用することにしました。手(チョキ)
マテラッティはAEに変わる可能性もあります。戦績次第ではセルコンも黒にザネッティはITになることも有り得ます。
ビエリはTS・・・・・欲しいです(笑)

数回戦っての感想。
トルドは以外にスパーセーブ(ミスプリ文句通り)を連発します。驚きです。
レコバも良い働きをしています。私はチーノ大好きです。
ビエリは当たりが強いです。困ったときのカウンタ攻撃。良い感じです。
さすが同じチームなだけあり、数回で薄く連携が繋がり始めています。

予想外に活躍しているメンバーがいます。
ココ:
サイドハーフなのですが、ボールへのチェックが早い。結構中盤を走り回っている。
スピードがあるのでチームに馴染んでからが楽しみ。
コンセイソン:
全くの予想外。オカンの交代で入るのですが、そのまま右に展開したり逆に振ったり、はたまたスルーパスを通したり。
使い勝手が良いので4-4-2もオプションで使えそうな感じです。
シミッチ:
前回から数値は下がっているのですが、それでも絶妙なボール奪取は色褪せません。
ヤバイです。かなりヤバイです。白チームには欠かせないくらいヤバイです。トゥーレなど目じゃないです。
オカン:
背面の適正ポジションでは右サイドなのですが、ボランチがお勧め。

出番なし
ザネッティとグレシコは調子が全く上がらず、出場機会がありません。バッド(下向き矢印)


盤面が真っ青になったところで楽しくなってきたセカンドチーム。
トップチームよりも楽しい試合が出来そうです。わーい(嬉しい顔)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

CONTINENTAL CUP制覇。

お給料が出て何となく足取りも軽い今日この頃。
如何お過ごしでしょうか。こんばんは。さつまです。

トレードやら落札やらでブッフォンとビエラがキラになりました。
別段、素晴らしい動きをしているような気は致しませんが、開発者によると「それはもう素晴らしい」らしいです。
どこかのインタビューに載っていましたが、内部的にはキラの方が数値の抽選が良いらしいです。

ま、車酔いの薬と同じく『プラシーボ効果』ということで良いのではないでしょうか(苦笑)
車(RV)
迷走ぶりは相変わらずです。

チーム名:FCリオリオパンプキン(U5)
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗10┛□11□┃
┃□┗━━━━━┛□┃
┃09□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┣━07━━━━━08━┫
┃■■■■06■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□┃
┃□02━03━04━05□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
01 ブッフォン(02-03 IT)
02 シルベストル(EC 白)
03 ミハイロビッチ(02-03 白)
04 バレージ(02-03 ATLE)
05 トゥーレ
06 ビエラ(EC WCN)
07 デ・ロッシ(EC 白)
08 レグロッターリエ
09 ロッベン(EC WSA)
10 ウェア(02-03 ATLE)
11 シセ
━━━━━━━━━━━━
12 ミッコリ
13 シャビ・アロンソ
14 ジャンニケッダ(02-03 白)
15 ベレッチ
16 アンドラーデ

今日は一言で言いますと、『シセの玉離れが悪すぎるヨ!ママン』といった感じです。サッカー


とりあえず、全冠達成に向けて最後の悪あがきをしようと、丁度始まったENTERPRISE CUP(EC)に参戦いたします。

ここ数戦はウェアの力でゴリ押しというパターンが多く、ロッベンからのクロスが見受けられない事が多々あります。
・・と言いますか、左サイド攻撃しか指示していないのに、勝手にロングボールを放る選手が多すぎです。
それでも、何とかCPU相手に手こずりながらも決勝まで進みます。

が、悪い星の巡り合わせに入ってしまったようで、勝てる気がしません。
相手はフランス代表チーム。アンリもジダンもビエラも元気満タンです。
たかだかDIV2の20戦程度なのに、始める前から気持ちで負けています。バッド(下向き矢印)

・・・と言いますか、ジダン爆発してます。むかっ(怒り)

ガンガンスルーパス放り投げてトレゼゴールビシバシです。(若干錯乱気味)
救われたのはキラに衣替えをしたブッフォンのファインセーブが連発したという所でしょうか。
そんな防戦一方の展開で結果1−2の完敗。
何故か縁の無いECは今回も取りこぼしました。もうやだ〜(悲しい顔)


どうやらCONTINENTAL CUP(CC)に参加出来るチームは無いと判断した私はすぐに気を取り直してウサ晴らしのタイトル確保に邁進します。
この時点で全冠制覇は次回持越しでもいいかな・・とか、次のチームの構想に入ったりしています。

ちなみに記憶では79勝21敗18分。
確か22戦くらい残っているので巡り合わせが良ければタイトル獲りに頑張るかも知れませんが、精神衛生的に良くないです。

CCも危ない感じは引き続きました。
1回戦(ホーム)は2−1の無難な勝利。
1回戦(アウェイ)は、いきなり2点のビハインド。後半に投入したミッコリが辛うじて2点を挙げてドロー。
決勝は辛くも1−0で逃げ切り優勝。

何となくボロボロ感が漂う中、待望のボーナス支給。
あ、来月早々にボーナスですね。ATM
・・・・・・過度の期待は禁物なのが現実の厳しさですが。たらーっ(汗)

ほぼ全員が絶好調になったところでCONTINENTAL SUPER CUP(CSC)
相手はグランデビアンコネロ。あらあら、またまたジダンですよ。
今回はバッジョからビアリへのパスに散々苦しめられ、前半で戦意喪失の0−3

中盤のポゼッションを上げるためにウェアを下げてトップ下にシャビ・アロンソ。
こぼさず、漏らさず。持ちすぎで性質の悪いシセに変えてミッコリ。
4−4−2に変更して後半30分には2−3まで怒涛の追い上げを見せるも敢え無くタイムアップ。

この期に及んで、まだフォーメーションの煮詰まらないチームに乾杯です(苦笑)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

近況。

懐が凍結してしまった昨今。いかがお過ごしでしょうか。
さつまです。

さ、て、
月末まで細々と生きていくしかないので(苦笑)急遽思いつきました。

ジダン貯金。

戦績は全く振るわない私ですが、プレイ暦は結構ありまして、それこそVer1から細々とやっております。

売るほどキラカードは無いのですが、それなりに白黒は余っています。
AEは揃えるのが面倒だったので早々に手放しましたが、並みのキラは大体持っています。
MVPのような豪華なものは、庶民プレイヤーには荷が重過ぎるので(つまり縁が無い)持ち合わせておりませんが、白黒は全て揃っています。

どちらかというとキラキラ成金プレイは嫌なのでU5か全白でのプレイが主です。

とは言ってもウェアやバレージを使っている時点で禁を破った感じはありますけど(苦笑)
最近の主流であるアンリ−ニステルだけは使わないと心に決めているのですが、勝てないプレイがつまらないのも事実。


話はかなり脱線しましたが、そんな白黒を処分してジダンを落札しようというのがこの計画です。
そもそも白黒をいくら出してもジダンとトレード出来るはずもないのですが、小額でもコツコツ貯めると、あ〜ら不思議、ジダンに早変わり。・・・・しそうな感じなのです。

ただ問題がありまして、

4000円を超える辺りでオークションに参加してしまうのです。
また、それが上手い具合に落札出来てしまうのです。
そして、毎回「なんで、こんなのを落札してしまったのだろう・・・」と落胆するのです。

チェバントンが欲しくて白カード100枚近く一気に落札したり、
ビエラがトレード出来たので、「ならブッフォンもキラにするか!」とITブッフォンを落札してみたり、
何を思ったかAEマテラッティを落札してみたり・・・

増えるのは評価ポイントばかりですよもうやだ〜(悲しい顔)

元々、お金を貯める素質が無いのだな、と改めて痛感いたしました。ふらふら
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

JAPAN TROPHY制覇。

懐にも木枯らしが吹きすさぶ昨今。如何お過ごしでしょうか。
こんばんは。さつまです。

なけなしの軍資金をつぎ込んでCHAMPIONS TROPHY(CT)に参戦です。
月も半ばになるとサテライトもちらほらと空席が目立ちます。
今日のCTは私ともう一人が該当です(ま、全部で4組ですが)
 →『組』というのは、一組カップルがいたのですけどね。バッド(下向き矢印)

二人とも順当に勝ち上がって決勝で対戦です。
試合は1-1のドローでPK戦になりました。
5人目のキッカー(失念)がフカして敢え無く準優勝。

優勝した彼には当然ながらJTの出場権が与えられます。
準優勝の私は前回(10月29日)イエローカナリアンに惨敗しているので何故か出場権を保持しています。

そう、リベンジです。グッド(上向き矢印)

試合は1-1に追いつかれた後、ロッベンのクロスをウェアが2発目のシュート。
2-1でJTを制覇しました。
20051119_JT1.jpg

どうでもいいですけど、実は撮影するのは結構恥ずかしいものです。ふらふら

20051119_JT2.jpg

これで当面の目標はインターナショナルクラブチャンピオンシップ(長い・・)です。

も一つ、白インテルのセカンドチームが余り面白くないのでU5にしようか画策中。
今回はカードのユニフォームがインテルの選手に限定しようかと思っています。
レコバを使いたいのですが、DFどうしようかな・・・

2001〜2004で使える人というのは実は少ない感じです。
GKはトルドオンリーですし(嫌いではないですが)



まぁ、いずれにしても給料日以降の話ですけどね(苦笑)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

チャレンジカップ 対アンゴラ戦

スポーツナビ|試合速報/詳細|日本 対 アンゴラ KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2005 -Go for 2006!-

今回の対戦で喜んで良いのでしょうか。雨

以前、お得意のマスコミを馬鹿にしたインタビューを受けていたときに中田英は
「課題というものは常に存在するものですから」
と、さも下らないことを聞くなという態度で応えていました。

ま、言っていることは真っ当であるので、人に対する言葉遣い云々(慇懃無礼)はさておき、その修正はどうなったのか、という観点で見ていました。

賛否の分かれる三都主の守備に関しては、無駄なイエローを貰わなくなった。という点で及第点を与えても良いのではないかと思います。

決定力不足。
これについては、有ると言えば有るし、無いと言えば無いでしょう。
紙一重でゴールを奪えなかった場面が多々ありましたが、以前はそれすらも無かった訳ですから私は決定力は増したと思います。
今回はFWに関しては駒不足であったので今後に期待したいです。

コミュニケーション不足
・・・んなの知りません。
そんなことを言っている人は自分がコミュニケーションを取っているのか聞きたいです。
声を出せば良いのでしょうか?
トップリーグの方々はそんなに声を出しているのでしょうか?

守備の連携
相変わらず。個人的には一番の問題点だと思います。
中盤の底を含めて安易なパスミスが多いです。
足が長い&足の速いアフリカ人に対して腑抜けたパスを出す度にドキドキハラハラ。がく〜(落胆した顔)
これに関しては中田も例外ではないでしょう。

スタミナ切れ
後半30分を過ぎると途端に運動量が落ちて足が止まります。
やはり稲本はハーフしか持たないな、と痛感。ならば持ち味を活かすには後半投入がベターではないでしょうか。
中村は配分を調整出来るようになったのか以前のような危うさは見受けられなくなりました。
それが最終的な得点に結びつくパスへと繋がったのではないでしょうか。
駒野はあの上下動を考えれば上出来の部類だとは思いますが、相手があのタフな加治だとどうしてもリザーブ扱いしてしまいます。
もっと中へ切り込んで行ってほしいものです。
その点でもコンフェデ杯ブラジル戦の幻の先制点が鮮烈に脳裏に残っているのでキツいですね。

ジーコ
スタミナが切れかかる後半30分に立て続けに的確な人材を投入した事は、レボリューションと言ってもいいのではないでしょうか(笑)
4バックと3バックに関しては3バックは通用しないと言うことが分かったのではないでしょうか。
彼の母国ブラジルでは3バックは守備的とされ疎んじられているそうです。
一見4バックの方がDFの人数が多いので守備的に見えますが、サイドバックの両名はそのまま駆け上がるので実質の守備はセンターバックの2名なのだそうです。
3バックは3名で守って、しかも場合によっては5名で固める戦法なので美しく攻撃することを身上とするセレソンに於いて3バックは美しくないのだそうです。
この考えは4バックにしても三都主、駒野を下げないところから見て分かると思います。

松井大輔
ここ数戦での活躍で、かつて玉田、大黒が歩んできたスーパーサブとしての地位を確立したのではないでしょうか。
個人的には好きな選手なのでもっと使って欲しいです。
前述のように3バックでの松井の位置は無い(3-5-2の5の中で、2ウィング2ボランチ、トップ下は中村、小笠原が居る以上割り込むのは難しいでしょう)に等しいのですが、今回の戦いから4-4-2で松井の出番も増える感じがします。

まとめ
直前にアルゼンチン対イングランドの親善試合を見たので、かえって不安になりました。ふらふら



が、、がんばれニッポン!
posted by さつま at 04:05| Comment(0) | TrackBack(2) | ├ 日本代表関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪、雪辱果たす。

スポーツナビ | ニュース | ついにプレーオフの壁破る 32年ぶりW杯に歓喜の豪

前回はプレーオフで敗れたオーストラリアが同じカードを接戦の末に征し、前大会の雪辱を果たしました。

ウルグアイはフォルランの負傷の痛かったでしょうし、移動の際の手違いでエコノミーだったのも疲れが抜けない原因になったかもしれません。
(オーストラリアはチャーター機)
そもそも、オセアニアは出場枠が0.5とプレーオフに勝たなければ本大会に出場出来ない悲しい地区。
しかもその相手は南米の5位と出るのが非常に困難な地区になっています。

今回の結果はヒディンク監督の名声を上げる結果になったことと思いますが、オーストラリアの活躍如何では次回のアジア枠が増える可能性もあります。
そう、オーストラリアは来年からAFCに加盟するのです。

逆境を乗り越えて雪辱を果たし掴み取ったW杯本大会の切符。
オーストラリアからは目が離せません。目
posted by さつま at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ウェアが敗れる。

ウェアがリベリア大統領選挙に敗れる:スポーツナビ
10月28日の続報です。
 リベリアの大統領選挙の決選投票で元ミランのジョージ・ウェアが敗れた。勝ったのは元世界銀行職員、国連開発計画アフリカ局長で“鉄の女”と称される76歳のエレン・ジョンソン・サーリーフ。
 90%の開票が行われた時点で、ウェアの40.8%に対してサーリーフ氏は59.2%を獲得した。しかし、第1回の投票で1位だったウェアは火曜日に行われた決選投票において不正が行われた“具体的な証拠”があるとして異議申し立てを行い、偽造されたとされる投票用紙数枚を提示した。
 10月11日に行われた第1回選挙で75%だった投票率は決選投票で61%に低下したことが確認された。


ま、まだ若いんだし変に難癖つけないで潔く次回のために頑張ったほうが良いと思いますけどね〜。モバQ
posted by さつま at 04:56| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テリー、頑張る!

チェルシーのテリー、ざんげ即8度目浮気 - nikkansports.com > サッカーニュース
 イングランド代表のチェルシーDFジョン・テリー(24)がまた浮気癖を露呈した。11日付の英紙サンに17歳の少女と車中で性的行為に及んでいたと報じられた。テリーには7年間交際している婚約者のトーニーさんがいるが、今回で8度目の浮気発覚。先月上旬に「彼女にはひどい仕打ちをした。もう2度と浮気はしない。世界のだれより、彼女と結婚したい」とざんげしたばかりだった。


おにーちゃーん!


テリーというと、何故か笑う犬のコント(テリー&ドリー)を思い出してしまうさつまです。
こんばんは。

8回の浮気は酷すぎますな。
・・と言いますか、テリー24歳だったのか〜。老け顔だなぁがく〜(落胆した顔)


プレミアはC・ロナウドもそうですが絶倫でないとダメなんですか?そうですか?

え、中田英?

どうなんでしょ?彼はナルナルだからな〜
posted by さつま at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

RL DIV1優勝

最終戦で1-7の圧勝で勝ち、得失点差で優勝しました。
直前までは2位だったのですが終わってみれば4点の差。
最終節の大量得点がなければ危なかったところでした。

もうカップ戦も諦めていたところの3連続DIV1優勝(スカウトされての引継ぎの為DIV2は未経験)
嬉しいですね〜。
これで前回参加出来なかったコンチネンタルトロフィー(CT)の出場権も得ました。

ジャパントロフィーの出場権はあるので先に消化したいところですが・・ふらふら


残りの任期も30戦程になり出る試合を選ばないと全冠は無理な感じです。
たしか・・ICC、JT、EPC、THCなのでタイミングが合えば出場出来ると思うのですけど、気にしない気にしないわーい(嬉しい顔)


本日は5クレプレイ。
4勝1敗なのですが・・・その1敗がよりによってTHCの1回戦。
トゥースピックロンドン相手にクルスの2発で1-2の惨敗。
サブチームで使っているクルスの活躍は素直に嬉しいのですが、
最近の病気である繋がないサッカーを展開してくれました。もうやだ〜(悲しい顔)

そういえば、クルスはアルゼンチン代表にも呼ばれたそうです。
インテルが水曜日に練習再開=セリエA:スポーツナビ
前回の代表招集から44カ月ぶりの復帰だそうです。嬉しいですね。


そんなこんなで大事なところで取りこぼすチームですが、愛すべきチームです。
70勝は確実(現在69勝)なのであと10試合は任期延長されそうですね。

チーム名:FCリオリオパンプキン(U5)
┏━┳━┳━┳━┳━┓
┃□┃□┗10┛□11□┃
┃□┗━━━━━┛□┃
┃09□□□□□□□□┃
┃■■■■■■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┣━07━━━━━08━┫
┃■■■■06■■■■┃
┃■■■■■■■■■┃
┃□□□□□□□□□┃
┃□02━03━04━05□┃
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
01 ブッフォン(02-03 黒)
02 シルベストル(EC 白)
03 ミハイロビッチ(02-03 白)
04 バレージ(02-03 ATLE)
05 トゥーレ
06 ビエラ(EC 黒)
07 デ・ロッシ(EC 白)
08 レグロッターリエ
09 ロッベン(EC WSA)
10 ウェア(02-03 ATLE)
11 シセ
━━━━━━━━━━━━
12 ミッコリ
13 シャビ・アロンソ
14 ジャンニケッダ(02-03 白)
15 ベレッチ
16 アンドラーデ
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

好きな洋服を着る自由。

中田“カウボーイ姿”で帰国:Sponichi Annex

もー、なんて言いますか・・・

そんなにみんなを驚かせたいんですか?(色々な意味で)

そんな事だから、イタリアでモデル業に忙しいなどと叩かれるんですよ。






・・・つーか、コーディネーターつけて。お願い!もうやだ〜(悲しい顔)

多分、自分で思っているほどセンス良くないっすよ。がく〜(落胆した顔)
posted by さつま at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

トッティ出ました。

totti.jpg
チラっとめくったら『アンタッチャブル』です。

おーー!

トッティ好きなので素直に嬉しいです。わーい(嬉しい顔)

あとは、
セレソン好きなのでカカとジーニョ。お願いします。


追記。
今月のワールドサッカーマガジンでセレソン特集。
買いですヨ!手(チョキ)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05キラの日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徒然なるままに・・

今日は珍しく調子の良いトップチーム。

さ、コンチネンタルカップだ!

・・と思ったら、まだレギュラーリーグの順位が確定していなく(6試合目終了直後)
出場権がありませんでした。


ヒデブ!


ま、もう全冠制覇もタイトルも賞金も気にならない感じなので
フレンドリーマッチ(FM)だろうが何だろうが、試合を選ぶ気にもなりません。

そんなFMでさえ100億超えるチームに勝つ事も有れば、
10戦程度のチームに取りこぼすこともあります。

もう、何がなんだか・・・ふらふら
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

一人店鋪大会。

風邪っぴきで39度の熱でふらふらしながらも、運良く店鋪大会に参加出来そうなので着席。

U5で組んでいる人が私しか居なかった為に一人で大会に参加です。

丁度大会の開始に合わせて選手にボーナスを渡すイベント発生。『お、イケるかも(ニヤリ)』ビール

このところの不調を払拭するような連携をみせ、1試合で5、6点の大量得点を獲得しながら(無論、無失点)余裕で決勝に駒を進めます。


決勝戦は・・・ハァ?350億ですか?がく〜(落胆した顔)
後でウェブを見たら3日間チャンピオンを維持している猛者でした。
しかも、エリア大会を勝ち抜いて全国大会に駒を進めていましたよ。たらーっ(汗)


試合は前半に1点先取。サッカー
『イケるか?!』と思ったら、また連携がチグハグになる病気再発(笑)
結局後半に2点奪われて終了。バッド(下向き矢印)


5試合分の勝利と賞金を稼げただけ良しとしましょ。
(プレシーズンの優勝賞金なんか目じゃないですからね)



ま、何が悲しいって、結局CPU対戦のみだったのに、
何とか良いところを見つけたがっている自分が悲しいですね。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

惨敗は続くよ、どこまでも

店鋪大会参加(LC)も一回戦を0-1、1-1で呆気無く敗退。
ウェアに活路を与えようと左サイドにコンバートするも思ったような活躍をせず。
仕方ないのでミッコリに任せるも持ち過ぎてラインを超える始末。
何をやっても誰を使っても効果的なクロスが上がる気がしません。


さらにキングスクラブカップ(KCC)に挑むも決勝で敗退。
3トップを試験的に採用するも逆に中盤を支配出来ず。


八方塞がりです。
暗闇に突入した感じです。ふらふら
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

リオ・ファーディナンド出ました。

rio.jpg

・・・散々な戦績だったので救われた気分です。

WDFは始めて引きました。手(チョキ)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05キラの日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

惨敗続きです。

ボロボロです。
THC、ICCともに惨敗でした。

タイトルホルダーズカップ(THC)
不様にも初戦敗退。
左サイドのロッベンにボールが集まりません。
攻撃もチグハグ。守備はボロボロ。
とりあえずアンドラーデが奪取した後、中央に蹴りまくるのは分かりました。

インターナショナルクラブチャンピオンシップ(ICC)
グループリーグは首位で突破するも、チグハグ感は解消出来ず。
準決勝で敢え無く敗退。


チーム経験も全員MAXなのに何でしょう。



・・・あ、監督に問題ありですか?もうやだ〜(悲しい顔)
posted by さつま at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 04-05プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。